院長のつぶやき

脳梗塞のリハビリテーション

2016-01-14

ある50代の男性は、脳梗塞になって脳梗塞リハビリセンターに通うことになったらしい。実はその方は5年前に軽い脳梗塞の症状があり、2週間ほど入院していた。

その時以来降圧剤を飲んで血圧は高くなかったのだが、それと同時に血液をサラサラにする薬を飲んでいたため、脳出血のときには血が止まらなくて、危なかったらしい。

退院後、だんだんと仕事を始めていったのだが、自分自身で不都合なことが多く、病院でもらったメニューじゃ足りないと思い、ここに通うことになったらしい。

病院の保険医療では自分自身で最低限度の生活ができるというのが終着地点で、それ以上はやってくれない。

もっと仕事をしたいなど思い通りにならない動きがたくさんあるためもっと良くしたいという欲に駆られてきたのだろう。

その人のニーズに合ったプログラミングを出来るいい施設ができたと思いました。

 

リハビリの改革が今起きている (保健医療を外すリハビリの成功例)

2016-01-13

最近日経新聞で掲載された、新しいビジネスモデルを紹介します。

2014年9月に開設した、ワイズという会社はリハビリテーションから保健医療を外すというビジネスを成功させた。

脳梗塞リハビリセンターという名前で東京千葉神奈川の三県で5店舗の開業をしている。

1年2,3カ月足らずで予約が取れないような日もある。

内容は言語療法士、理学療法士、鍼灸師を使い1回1日2時間マンツーマンでついてリハビリを行う。

1回1万5000円という少々お高い値段ではあるが、ニーズが多いことにおどろいた。

日本は少子高齢化、確実に高齢者にニーズがもっともっと増えるだろう。

中国からインターネットを通じての患者もいる。

海外の富裕層からもビジネスチャンスで狙えるだろうと予測しているという記事が書かれていた。

その内容をホームページで見た。その内容を次回紹介しようと思う。

第二回 プッシュプルベンチプレス大会 H27・11・28 午後12:00開始

2015-12-09

今回21名の選手が参加し、みなさん怪我もなく無事大会を終えることができました。

大会参加された皆様のご協力で滞りなく行えました。

今回の大会の趣旨は「従来型の厳しいトレーニングルールでなく、親しみやすいトレーニング方法として

考えたベンチプレスだけの大会です。

テーマは 「健康 と ゆとり」 です。

20151129004050(1)

季節の変わり目 風邪にご注意を!

2015-10-02

気温の変化で学校、職場等で風邪が流行っていると思います。

適度な運動をして自己免疫力をつけましょう。運動して筋肉を鍛えることで血行がよくなり、栄養が身体の隅々まで

行き届くようになります。年配の方でも筋肉は付きますので日常でも身体を動かすことを心がけましょう!

m05_01_p03運動時は呼吸法が大切です。呼吸法とは?・・・・また次回乞うご期待

森田 R 9/13 ジュニアオリンピック県大会 高跳び 第7位

2015-09-18

DSC00459

記録 149㎝

ダブル台風にご注意!

2015-08-21

日本の南から台風15号、16号が非常に強い勢力で進んできています。

今週末から日本列島に影響を与えるそうですので、みなさんご注意ください。

 

夏休み明け

2015-08-21

夏休み明けの小中高生の生活リズムをもどすのには時間がかかります。

いまのうちから早寝早起き、運動を心がけましょう。睡眠時間が不規則になると身体のみならず

精神的な疾病につながる可能性が高くなります。休みの間は体力も低下しがちです、少しきつめの

運動をすることでいやなことにも立ち向かえるような精神的及び肉体的体力を備えておくことが必要です。

20150606063127(1) m05_01_p03

森田るいか 市民体育大会 高跳び第2位

2015-08-21

20150606062447(2)

森田 るいか 8月開催市民スポーツ大会 高跳び 第2位

おめでとうございます!

 

うつ病患者の増加(AERA 2015・7/6号 No29より抜粋したものです)

2015-07-03

昨今、仕事のストレスが原因でメンタルクリニックを訪れる人が増えているそうです。

「うつは心の風邪」といわれますが、風邪薬は症状を抑えるだけのもの。抗うつ薬も一緒であると思います。

抗うつ薬、睡眠薬には依存症や副作用により症状が悪化するケースもあるそうです。処方された薬の副作用を

先生や薬剤師によく聞き自分で自分の身を守る必要があると思います。またうつ状態の患者のほとんどは

睡眠のペースが乱れているそうです。睡眠を整えれば多くは改善する。ではどのようにしたらよく眠れるのか?

いろいろな方法はあると思いますがわれわれ柔道整復師は直接治療することはできないが手助けできる事はないだろうか?そこで私の運動指導の経験から

軸道(運動療法)で症状が改善された。まず第一に睡眠ペース(朝夜逆転現象を改善)を整えることを基本に少しづつ

運動を好きになるように導いていく。

非常に難しい事ではあるが運動することにより心の中のやる気そして持久力が身についてくる。

 

名古屋市総体(H27・5月) 高跳び 第3位!

2015-06-17

中学3年生  森田るいか <市総体> 高跳びで第3位(記録145㎝)になりました。おめでとうございます!

DSC00442

日頃の努力の結果ですね

20150606062447(1) スミスマシーンスクワット(70㌔)

20150606062447(2)

20150606063127(1) ロードバイクトレーニング

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2015 平瀬接骨院 All Rights Reserved.